製品&受託サービス - MACS 細胞分離 - MACS テクノロジーとは - マイクロビーズ

実験を思い通りデザインしよう

  • 存在率の高い細胞も希少な細胞も分離可能
  • 小容量の分離にも大容量の分離にも有用
  • 基礎研究、臨床応用のための実績ある技術
  • 35,000 症例を超える細胞療法での使用実績
MACS マイクロビーズは非常に小さいため、細胞を活性化したり、細胞表面エピトープを占有することがありません。さらに、毒性がなく、生物分解が可能です。大きなビーズとは異なり、ナノサイズのMACS マイクロビーズは、次の実験のために細胞から取り除く必要がありあません。MACS マイクロビーズは、常に懸濁された状態にあり(コロイド状)、その結果、結合速度が速く、短時間での標識が可能です。また、優れた品質とロット間の一貫性を期待できます。

MACS マイクロビーズは、細胞表面上の特定の抗原に対する特異的な抗体が結合した平均直径50 nmの超常磁性粒子です。非常に小さいため、細胞を活性化したり、細胞表面エピトープを占有することはありません。大きなビーズとは異なり、MACS マイクロビーズは次に行う実験のために細胞から除去する必要はありません。また、毒性がなく、生物分解可能です。
MACS マイクロビーズは、常に懸濁された状態にあり(コロイド状)、その結果、結合速度が速く、短時間での標識が可能です。非コロイド溶液や大きなビーズとは違い凝集はせず、また、優れた品質とロット間の一貫性を期待できます。

MACS カラムは、細胞に優しいコーティングが施された強磁性の球体で構成されるカラムマトリックスを含んでいます。磁気分離装置(セパレーター)に設置すると、この球体は10,000倍にまで磁気を増幅し、その結果、カラム内に高い磁気の勾配が生じます。これは最小限の標識で細胞を分離するために非常に重要で、同時に行う抗体染色のために十分なエピトープを残すことができます。
球体間のスペースは、プライマリーな細胞やほとんどの培養細胞よりも数倍大きく、細胞がカラムを自由に通過することができます。磁気標識された細胞はカラム内で懸濁液中に保持され、実際にはカラムマトリックスと“結合“はしていません。この懸濁液が細胞へのストレスを最小限にしており、また細胞の凝集を防いで効率的な洗浄を可能にしています。

種々のカラムオプションに応じた種々のフォーマットのMACS セパレーターをご用意しています。

MACS マイクロビーズ、カラム、セパレーターを組み合わせることで、パーフェクトな細胞分離のツールとしてご利用いただけます。

わずか数ステップ

わずか数ステップ

簡単な数ステップで高純度の細胞集団が得られます。まず単細胞懸濁液中の細胞をMACS マイクロビーズで磁気標識します。このサンプルをMACS セパレーターに設置したMACS カラムにアプライします。

非標識の細胞はそのまま通過し、磁気標識された細胞はカラム内に保持されます。フロースルーは非標識細胞フラクションとして回収できます。短時間の洗浄ステップ後、カラムをセパレーターから外し、磁気標識された細胞をカラムから溶出します。このように、MACS テクノロジーは、標識細胞と非標識細胞の両方を簡単に高純度かつ高回収率で分離できます。

Hands-on MACS Technology

直接標識

MACS® マイクロビーズによる直接標識は、最も早い磁気標識方法です。MACS マイクロビーズは細胞表面の抗原に特異的に結合します。インキュベーションステップは1回だけです。直接標識は最小限の洗浄ステップしか必要としないので、細胞のロスをごくわずかに抑えられます。

ヒト、マウス、ラット、サルの細胞分離のための、特異性の高い直接標識用の細胞分離試薬をご用意しています。

間接標識

間接標識は2ステップで行います。第1ステップでは、細胞を細胞表面マーカーに対する一次抗体で標識します。
第2ステップでは、一次抗体に結合できるMACS マイクロビーズで、あるいは一次抗体にコンジュゲートされている分子に結合できるMACS マイクロビーズで細胞を磁気標識します。
一次抗体として、非標識の精製抗体やビオチン化抗体、また蛍光標識抗体も使用できます。一次抗体に応じて、Anti- Immunoglobulin マイクロビーズやAnti-Biotin マイクロビーズ、Anti-Fluorochrome マイクロビーズで磁気標識を行います。

間接標識は、いくつもの不要な細胞を同時に標識するために、一次次抗体のカクテルを用いても行うことも可能です。その例として、目的細胞の非標識分離が挙げられます。

ポジティブセレクション

ポジティブセレクション

目的細胞を分離する最速の方法
ポジティブセレクションでは、特定の目的細胞を磁気標識します。分離の際、磁気標識された細胞はカラム内に保持され、非標識の細胞はそのままカラムを通過します。そして、洗浄ステップ後、カラムをセパレーターの磁場から外し、カラムから目的細胞を溶出します。
ポジティブセレクションは直接標識または間接標識で行うことが可能です。様々な細胞タイプのポジティブセレクションに特異的なMACS マイクロビーズをご利用いただけます。 

ディプリーション

ディプリーション

不要な細胞の除去
ディプリーションでは、特定の不要な細胞を磁気標識して、細胞混合液からそれらを除去します。分離の際、非標識の目的細胞はフロースルーフラクションに回収され、不要な細胞はカラム内に保持されます。
必要に応じて、カラムをセパレーターから外し、保持されている細胞も回収することが可能です(not shown)。 

非標識分離

非標識分離
非標識の細胞分離
非標識で特定の目的細胞を分離するためには、不要な細胞を磁気標識して除去します。分離の際、非標識の目的細胞は、フロースルーフラクションに回収され、磁気標識された目的細胞以外の細胞はカラム内に保持されます。必要に応じて、カラムをセパレーターから外し、保持されている細胞を回収することも可能です。
非標識で細胞を分離できるMACS アイソレーションキットには、タイトレーションされた抗体のカクテルと間接標識のためのMACS マイクロビーズが含まれています。目的細胞への抗体の結合を避けたい場合は、この方法が推奨されます。

連続ソーティング

1つ以上のマーカーを用いた細胞サブセットの分離
2回の連続した分離を組み合わせることで、2つの異なるマーカーの発現によって他の細胞と区別される細胞サブセットを分離することが可能です。この方法は特異的なマーカーが明らかでない細胞の分離でも行われます。

  

ディプリーションの後、ポジティブセレクションを行う:
この分離ストラテジーは、不要な細胞と目的細胞が共通のマーカーを持つ場合に有用です。この場合、目的細胞は、この共通マーカーを用いた1度のポジティブセレクションでは分離できません。
従って、共通マーカーを発現している不要な細胞を、このマーカーとはまったく異なる抗原を介して磁気標識して除去しします。この際にフロースルーフラクションに分離される細胞を、さらに共通マーカーに結合するMACS マイクロビーズで磁気標識します。目的細胞はポジティブセレクションで分離できます。
このストラテジーを利用したMACS アイソレーションキットを用いることで、特定の細胞サブセットを簡単かつ迅速に分離することが可能です。

 

2連続のポジティブセレクション:
MACS マルチソートマイクロビーズを用いたマルチパラメーターソーティングでは、2つの異なるマーカーを用いて、2回連続のポジティブセレクションを行います。
まず、第1のマーカーに特異的なMACS マルチソートマイクロビーズでポジティブセレクションを行います。その後、細胞をマルチソートリリース試薬と共にインキュベーションし、細胞からマルチソートマイクロビーズを酵素的に除去します。次に、目的細胞を第2のマーカーに対するMACS マイクロビーズで磁気標識し、再びポジティブセレクションを行います。

View "10" | "50" | "100" products/page
Showing 1-10 of 422
Product Order no. Price

Adipose Tissue Progenitor アイソレーションキット, マウス

Capacity: for up to 1×108 total cells
 
130-106-639 price on request here

Annexin V MicroBead Kit

Capacity: for 1×109 total cells
 
130-090-201 price on request here

Anti-A2B5 マイクロビーズ, ヒト, マウス, ラット

Capacity: for 5×108 total cells
 
130-093-388 price on request here

Anti-A2B5 マイクロビーズ, ヒト, マウス, ラット – small size

Capacity: for 5×107 total cells
 
130-093-392 price on request here

Anti-A2B5 マイクロビーズキット, ヒト, マウス

Capacity: for 1×109 total cells
 
130-097-864 price on request here

Anti-ABCG2 (CD338) マイクロビーズ, ヒト

Capacity: for up to 1×109 total cells
 
130-107-680 price on request here

Anti-ACSA-2 マイクロビーズキット, マウス

Capacity: for 1×109 total cells
 
130-097-678 price on request here

Anti-ACSA-2 マイクロビーズキット, マウス – small size

Capacity: for 5×107 total cells
 
130-097-679 price on request here

Anti-AN2 マイクロビーズ, ヒト, マウス

Capacity: for 1×109 total cells
 
130-097-170 price on request here

Anti-AN2 マイクロビーズ, ヒト, マウス – small size

Capacity: for 1×108 total cells
 
130-097-171 price on request here
View "10" | "50" | "100" products/page
Showing 1-10 of 422

Contact

Miltenyi Biotec K.K.
TEL +81 3 5646 8910
FAX+81 3 5646 8911
macs@miltenyibiotec.jp
お問い合わせ

Product finder

Antibody panel builder

Toolbox

Loading...
MACSスターティング
キャンペーン

スターティングキットを特別価格で提供中

スターティングキット20%OFF

MACS スターティングキットを特別価格で提供中

自動磁気細胞分離装置 autoMACS Proを年内に限り20%OFFでご提供いたします

autoMACS Proが20%OFF

人気の自動磁気細胞分離装置が年内に限り20%OFF

樹状細胞・単球・好中球の最新の分離試薬をモニターとしてお試しいただけます

細胞分離のモニターを募集中

樹状細胞・単球・好中球の最新の分離試薬をモニターとしてお試しいただけます

Change country

Please select your country to continue