サポート&リソース - 技術情報 - がん研究 - 循環腫瘍細胞

末梢循環腫瘍細胞(CTCs)の解析

末梢循環腫瘍細胞(CTCs)の検出は、転移による再発や転移の進行リスクを推定するために有用です。極めて希少な細胞であるため、それらを濃縮するために高感度な技術が必要とされます。

MACS® Technologyを用いた磁気細胞分離により、簡単かつ迅速に107個に1個のCTCsを生きたまま濃縮できます。分離した細胞は、フローサイトメトリーや細胞培養、分子生物学的解析のようなアプリケーションに使用できます。

 

Molloy等による文献では、臨床的に有用な予後の指標として早期乳癌におけるCTC解析の有用性が評価されています。ぜひご参照ください。
 

publication download
 

文献では、Anti-EpCAM MicroBeadsによるCTCsの濃縮に続き、µMACS One-step cDNA Starting Kitを用いてcDNAの合成を行いCTCsを検出しています。

µMACS One-step cDNA Starting Kitは、total RNAを前もって精製することなく、1本のカラムの中で、mRNAの精製、cDNAの合成、cDNAの精製の全てを迅速かつ効率的に行えます。

  • わずか90分で、細胞からmRNA精製、cDNA合成まで
  • 微量細胞でも可能
  • 全自動でのハイスループットにも、用手法でのロースループットにも対応
 

また、フローサイトメトリー解析に先行してCTCsを濃縮することにより、サンプル取り込み時間の大幅な短縮を可能にし希少細胞の解析を容易にするフローサイトメーター:MACSQuant Analyzerもご用意しております。

  • サンプル取り込み時間の大幅な短縮
  • 高感度な希少細胞解析
  • 大量または少量のバッファー中に懸濁された希少細胞サンプルの解析が容易

1、10、100個の癌細胞を1x108個の白血球にスパイクし、Anti-EpCAM MicroBeadsによる磁気標識を行い、マルチパラメーター細胞解析に先行して、簡単に希少細胞を濃縮しているポスターをご参照ください

 

Contact

Miltenyi Biotec K.K.
TEL +81 3 5646 8910
FAX+81 3 5646 8911
macs@miltenyibiotec.jp
お問い合わせ

Product finder

Antibody panel builder

Toolbox

Loading...
サイトカイン簡単検索
一覧表からお探しのサイトカインを簡単に見つけられます

MACS®サイトカイン簡単検索

お探しのサイトカインを簡単に見つけられます

Change country

Please select your country to continue