サポート&リソース - 技術情報 - カスタマーレポート&アプリケーション - gentleMACS カスタマーレポート

日本人研究者のgentleMACS カスタマーレポート

gentleMACS Octo Dissociator with Heatersと従来法によるCTOS調製の比較

井上 正宏
大阪国際がんセンター 生化学部
近年、飛躍的にがんの性質や治療法の研究が進み、新たな治療法が次々と考案されている。たとえば同じ種類のがんであっても、遺伝子の変異など性質が多様なことから、患者個別の治療法を模索する動きもあり、今後は、よりがんの実態に即した細やかな診断や治療法が求められると予想される。そのため今後のがん研究には、患者がん組織から得られたがん細胞の特性を維持したまま培養·保存することが非常に重要な技術となるが、CTOS(cancer tissue-originated spheroid)法はそのようなニーズを満たすことが出来る画期的な培養方法である。 CTOS法はがん組織から細胞-細胞間接着を維持してがん細胞を調製・培養する方法であるが、がん本来の分化形質、3次元構築を維持したままの培養が可能であり、また得られたCTOSをマウスへ移植すると元のがん組織の形態学的特徴を再現することができる。CTOSは凍結保存が可能であるため、CTOSを用いることで、より多くの研究者ががんの性質が維持されたサンプルを使った研究が可能となり、さらなるがん研究の飛躍·発展を期待することができる。
本稿では、従来行っている手作業で調製(従来法)したCTOSと、gentleMACS Octo Dissociator with Heaters (gM8wH)で調製した CTOSの収率および性状を比較検討した。さらに従来用いている酵素(Liberase)とTumor Dissociation kit, mouse (TDKm)をそれぞれ gM8wHと組み合わせてCTOSを調製し、TDKmによるCTOS調製について検討した。

著者プロフィール

井上 正宏 INOUE Masahiro MD, PhD: 医学博士。2001年より大阪府立成人病センター生化学部部長。2011年より大阪大学薬学研究科環境病因病態部門招聘教授。2013年より京都大学医学研究科客員教授。2015年より大阪大学医学研究科客員教授。がん本来の性質を維持して行う培養法であるCTOS法を用いて、がん細胞特性の解析、がんマーカーの探索、薬剤感受性試験、がん細胞の低酸素· 低栄養下での休眠の特性解析、休眠誘導の分子メカニズムの解析など多様な研究を行い、がんの診断·治療への応用を目指している。

Contact

Miltenyi Biotec K.K.
TEL +81 3 5646 8910
FAX+81 3 5646 8911
macs@miltenyibiotec.jp
お問い合わせ

Product finder

Antibody panel builder

Toolbox

Loading...
サイトカイン簡単検索
一覧表からお探しのサイトカインを簡単に見つけられます

MACS®サイトカイン簡単検索

お探しのサイトカインを簡単に見つけられます

Change country

Please select your country to continue